読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういえば

話してなかったネタ。

2013年6月頃に携帯の機種変更してスマートフォンに変えたんですよ。それを今でも使ってるんですが、月々サポートや学割が切れて1ヶ月7,000円超とかいう笑えない値段になりまして。父、母、私と家族3人がドコモのスマートフォンを契約していたのですが、3台合わせて22,000円~23,000円とかです。冷静に考えて高すぎワロタですよ。

さすがにこれはイカンだろうということで、今年の2月に格安SIMに変えたんですよね。色々調べて楽天モバイルが良さそうだなと思ったので、家族3人とも楽天モバイルにしました。音声通話+通話1回5分まで無料の楽天でんわ+データ通信3GBのプランで1台辺り約2,600円になりました。3台合計しても約7,800円。う~ん安い!

契約までの道のりとして、ドコモの解約、MNP、使用中のスマホが対応しているSIM・回線はどれか、どうやって契約するのか、とか色々ありますが、これ多少インターネット経験がないと難しいかもしれませんね。店頭で格安SIM契約はできませんし、全て自分で調べてやらなければならないので、ある程度のハードルの高さはあるのかなぁ。

楽天モバイルの使い心地ですが、ドコモの時と何も変わりませんな。本当、乗り換えるのが遅かったと思います。機種に関しては、私は4年前に購入した Xperia SO-04E をそのまま使用しているのですが、別にスマホでゲームとかやりませんし、スペックはこのままで必要十分ですね。さすがに電池の持ちは4年前と比べると悪くなりましたが、日頃使う分には問題ないレベルです。

まぁ新しい機種も欲しいっちゃ欲しいんですけどね。カメラの性能をパワーアップさせたいのです。ヤフオクか何かでお金に余裕ができたら買うかなあ。

あぁ

どうにもなんねぇなー。

思えば、私は現実逃避したい時になると、こうやって日記を書く癖があるように思います。past sound や Dawn Mist で更新していた頃も、そういう時に書く傾向があった気がします。試験期間とか、レポートや課題に追われている時とか。つまり今も、色々なことに追われている状態なんです。冒頭の一文がそれを端的に表しています。

まぁ必ずしもそういう時に書いているわけではなく、普通に日記書きたい時にも書く時はありますけどね。何もしないでインターネットをぼけーっと眺めているよりは、こうやって文章を打ち込んでいると「何かしている感」があって落ち着きますし、その時の感情をこのように文章として出力できるのが、楽しい。

そういえば、昔書いてたブログとか読んでると懐かしいですね。2005年12月頃からREDSTONEとか日常系のブログをアメブロで始めました。2006年11月だったかに楽天ブログに移動したり。これ、冷静に考えると10年~11年も前なんですよね…。

ブログ自体は2007年4月前後から不定期になった記憶がありますが、その後は2009年夏にDTM始めたりTwitter登録したり、2010年12月に音楽の公開目的でようやく個人サイトを作成したり(past sound)。サイト上でも日記を書いたりしていました。今も、昔とやってることは大して変わらないのかもしれない。はてなブログに場所が移っただけで。

昔は中学校に通う生活の中で、自宅では「ブログで日記やREDSTONEネタを書く」という日常がありました。それが今になってみると良い思い出で、どことなく感慨深いです。今もこうやってはてなブログによくわからない日記を綴っていますが、5年も経てば、この一瞬が思い出として蘇るのかもしれません。

なんで、10代中盤ぐらいまでの昔の記憶ってこうも叙情的に映るのだろうか…。

思い出

現実に生きるのが下手だからこそ、昔遊んだブラウザゲームやオンラインゲームでの思い出が余計に映える。されど、仮に今からネトゲを楽しもうにも、昔のような純粋な性格でチャットなどを臨むことはできない。他のプレイヤーと昔のように簡単には交流を築けないだろう。今から新しく思い出を作るのは、もはや困難。

12年前、当時小学6年生だった私はブラウザゲームのエンドレスバトルに大ハマリだった。そして2005年5月、某EBSのチャット上でREDSTONEなるオンラインゲームを勧められた。RSをインストールし、キャラクターの剣士を作り、古都ブルンネンシュティグに降り立った時の街の広大さ、プレイヤーの多さに驚いたことは鮮明に覚えている。EBSの人達に古都西口で操作を教えてもらい、バスタードソードを拾い装備した時の感動。

地下墓地でパーティを組み、他のプレイヤーと共に敵を倒す楽しさ。路上強盗団アジトでの攻防。クエストで[最大HPLv6]鉄の帽子を入手した時の嬉しさ。アルパス地下監獄や廃坑B9…。ギルドに入ってGvGを楽しんでいた頃が、懐かしい。

思い出か。昔、ネトゲで仲良くしてくださった人達は、私のことなど覚えてはいないだろう。現在、交流のある人は既に誰もいない。現実では高校に入る頃には妙に達観したような雰囲気を出していたのか、友人も少なかった。大学では部活動に入り、メンバーとは交流があったが、休学留年を経て一人残った今、もはや大学に友人はいない。

そう、気軽に連絡を取れるような友人は、インターネットにも、現実にも、誰もいない。ああ、これが私。なんでしょうね、いつからこんなに生きるのが下手…というか、交友関係を築くのが下手になったんだろうか。

そういうことを考える割には、独りが好きなので別に問題ないだろうと楽観視している自分がいたりするのです。そんな人間が作る音楽は、人にどのように映るのだろうか…とか音楽に無理やり話を繋げてみる。

DTMは良い。ひたすら自分との闘いだから。

ダブってしまった

うーん…A社とB社で面接日程がダブってしまった(孤独の就活

というわけで5月2日に受けた会社の結果が届き、無事面接へと進めたのですが、まさかの同日です。連絡入れて別の日にしてもらえるかなあ…。

GW

ゴールデンウィークですが、家でまったりです。

先日の適性検査は無事通過して、次は面接になりました。頑張らないと!社員数は比較的少数の会社ですが、意外と受験者が多くて驚き(30~40名)。試験の内容は独自の算数+最近気になったニュースとCABっぽいやつ&性格診断でした。

5月2日にも某社の試験を受けたので、それの結果もGW明けにはわかるかな。早いところ職を決めて、親を安心させたいですし、卒業研究にも気合いを入れたいです。

明日

明日、某社の適性検査です。SPIの問題を色々練習中ですけど、まあ面倒ですよね。非言語の数学Aっぽいやつは、高校時代のようにスラスラっと解くのが難しくなってきた気がします。昔よりも頭の回転が遅い感じ。

言語は普段の語彙力が試されるだけなので、今更対策しようが大して伸びないでしょうということで、その場の機転に任せます。

というか明日の適性検査は何の分野が出されるのか明示されていないので不安です。予定時間も3時間以上の長丁場だし。英語とか出されたらお終いや…

健康診断

大学の健康診断でした。

視力が両方1.5でちょっと驚いた(本当かいな)。機械の中を覗いて "C" の向きを当てて測るやつです。以前は左1.2安定、右0.8~1.2を行ったり来たりでしたが、この機械測定って信憑性あるんですかね。最後のCがぎりぎり見えた程度なので1.0~1.5の間ぐらいか。

しかし、子供の頃からゲームばっかりやってて、今もパソコンばっかりやって日頃から目にダメージを与えている気がするのに、あんまり落ちないもんですね。まあ、この辺は遺伝なんでしょうか。もっと年取ったら段々落ちると思いますが。

身長体重は変化なし。BMIが17.6だったので体重が少ない気もしますが、別に健康体なので問題ないでしょう。飯を食えば体重は増えるので。

明日は会社説明会行ってきます。